論文・技術情報

化合物

技術情報FG beadsカタログ

FG beadsカタログ

技術情報製品資料

受託サービス詳細資料

技術情報FG winds(データ集)

FG winds issue 1(英文)

薬剤標的タンパク質の精製 ‐Methotrexate
詳しく見る→

技術情報FG winds(データ集)

FG winds issue 3

薬剤標的タンパク質の精製 ‐ Bisindolylmaleimide
詳しく見る→

技術情報FG winds(データ集)

FG winds issue 4

薬剤標的タンパク質の精製 ‐ Vorinostat
詳しく見る→

技術情報FG winds(データ集)

FG winds issue 9

薬剤標的タンパク質の精製 ‐ビオチン化MTX
詳しく見る→

技術情報FG WAVE (情報誌)

FG WAVE 1

インタビュー ‐東京医科大学 半田宏先生
詳しく見る→

技術情報FG WAVE (情報誌)

FG WAVE 2

インタビュー ‐京都府立医科大学 酒井敏行先生、飯泉陽介先生
詳しく見る→

技術情報FG WAVE (情報誌)

FG WAVE 6

ユーザー研究内容紹介 ‐慶應義塾大学 加部泰明先生
詳しく見る→

技術情報FG WAVE (情報誌)

FG WAVE 7

インタビュー ‐九州大学 清水邦義先生
詳しく見る→

技術情報FG beadsデータ

FK506(タクロリムス)結合タンパク質の精製

技術情報FG beadsデータ

キナーゼ阻害剤Bisindolylmaleimide Ⅹの結合タンパク質の精製

国内製薬企業との実施
詳しく見る→

技術情報FG beadsデータ

キナーゼ阻害剤Bisindolylmaleimide VIIIの標的タンパク質の探索~ビーズ上で精製されたタンパク質の分析

株式会社メディカル・プロテオスコープと共同実施

詳しく見る→

技術情報その他

競合阻害

技術情報その他

ドラッグエリューション

技術情報製品資料

Azide beads / Alkyne beads

技術情報製品資料

Streptavidin beads

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Miyata et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Yamada et al.(2022)

論文

GA Frere et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Imai et al.(2022)

Salicylic acid directly binds to ribosomal protein S3 and suppresses CDK4 expression in colorectal cancer cells
Biochemical and Biophysical Research Communications Volume 628, 5 November 2022, Pages 110-115

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Ichikawa et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Iizumi et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Watanabe et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Yamamoto et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Hirata et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Yonezawa et al.(2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

R. Kamihira et al. (2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

K. Kobayashi-Nakamura et al. (2022)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Ito et al.(2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Hamoya et al.(2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Bellail et al.(2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Miao-Miao Zhao et al.(2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Nan Yagishita-Kyo et al. (2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Watanabe et al.(2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Dormán et al.(2021)

Target identification and polypharmacology of nutraceuticals
Nutraceuticals (Second Edition) Efficacy, Safety and Toxicity 2021, Pages 315-343

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Y. Kabe et al. (2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

T. Tsukahara et al. (2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Saito et al.(2021)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Takano et al.(2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Asatsuma-Okumura et al.(2020)

Molecular Mechanisms of the Teratogenic Effects of Thalidomide
Pharmaceuticals 2020, 13, 95; doi:10.3390/ph13050095

論文化合物固定化beadsを使用した論文

T. Furukawa et al (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

J. Cho et al. (2020)

UGGT1 retains proinsulin in the endoplasmic reticulum in an arginine dependent manner
Biochemical and Biophysical Research Communications 527 (2020) 668

論文化合物固定化beadsを使用した論文

T. Ito et al. (2020)

Molecular mechanisms of thalidomide and its derivatives
Proc. Jpn. Acad., Ser. B 96 (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

Y. Kabe et al. (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

A. Iwabuchi et al. (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

J. Cho et al. (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

H. Tsugawa et al. (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

K. Fujita et al. (2020)

論文化合物固定化beadsを使用した論文

T. Saito et al. (2020)

ページの先頭へPAGE TOP